MOOK

東海モーニング大図鑑
定番から変りダネまで東海のモーニング一気見せ!!
愛知・岐阜・三重のおすすめモーニング112軒
販売価格: 950円
在庫: 在庫あり
大須完全ガイド
ついに登場 大須歩きの 必携本!
販売価格: 950円
在庫: 在庫あり
究極のラーメンぴあ2019静岡版
静岡県のラーメン本、ついに登場!
本当にうまい静岡のラーメン、ついに決定!
今食べるべき217杯
販売価格: 950円
在庫: 在庫あり
東海ペットと行こう!
おでかけスポットから毎日の暮らしまで
犬&猫と楽しむ情報満載!
販売価格: 950円
在庫: 在庫あり
日帰り絶景さんぽ旅2018 東海版
心ゆさぶる景色がある
販売価格: 950円
在庫: 在庫あり
ケンドーコバヤシのたまらない店平成FINAL!!
ケンコバのたまらない店シリーズ
最新刊が2年ぶりに登場!
連載16年分の平成グルメから
“ええとこどり"した保存版!!


ぴあ関西版WEBで好評連載中の人気グルメ企画、“たまラン"こと「ケンドーコバヤシのたまらない店」のムック本最新刊が、いよいよ3月22日に発売される。たまらないシリーズとしては6冊目となる今回は、平成最後のタイミングということもあり、過去に取材した連載16年分の平成グルメをまとめた“平成FINAL版"として発刊。ラーメン、カレー、お好み焼き、ハンバーグといった王道B級グルメから日本酒などが愉しめる各種酒場など京阪神のええ店311軒を紹介する。今回も本誌委員長を務めるケンドーコバヤシを中心に、吉本のグルメ芸人たちがたまらない店を実食レポート、今回は19組32名のグルメ芸人たちが誌面を賑わせる。
巻頭企画では、ケンドーコバヤシ×笑い飯による“勝手に平成グルメ大総括インタビュー"が実現し、普段はなかなか語られない貴重なトークを掲載。さらにケンコバ氏による漫画のグルメシーンを考察するコラム企画などグルメ本とは思えぬほどの読み物企画が充実する。
そして、ケンコバ本人が考案した、美味しい店を見つけるための世紀の発見「店主が痛風経験者」(美味しいものを知っているからという理由)を記載したお馴染みのインデックスや、店内に流れているBGM、取り扱いビールなど、ツボを突くたまらないデータが充実。これぞ一人での食べ歩きや呑みはもちろん、気の合うグループや家族でも行ける“たまらない店"を311軒掲載した、グルメガイドの決定版!


販売価格: 950円
在庫: 在庫あり
東海の町中華
エリア別中華ランチ特集

愛すべき町中華
〜大衆中華名店物語〜

おいしい中華が食べたい!
◎餃子◎炒飯◎丼・飯◎麻婆豆腐◎点心◎本場中華

アフター5は中華で呑む
販売価格: 950円
在庫: 在庫あり
鉄道絶景
日本各地の鉄道の絶景を、臨場感ある写真を大胆に使って、美しいビジュアルでご紹介。
海辺や山麓を爽快に走る列車や、季節の花々や紅葉、田園の中をゆったりと走る列車、ときには降りしきる雪の中をひたむきに前進する列車など、見ているだけでも楽しめるビジュアルの一冊です。また、一度は乗ってみたい憧れの「絶景リゾート列車」や、つい降りてみたくなる「絶景の駅」も掲載。

日本各地の風景と鉄道のコラボレーションは、それぞれに美しさが。
いざ、旅情あふれる鉄道絶景を探して!
販売価格: 950円
在庫: 在庫あり
レモンサワーとお茶割りとハイボール酒場首都圏版
最近のお酒のトレンドといえば、なんといってもレモンサワー!
フォトジェニなものから、味、製法にこだわるものまで、さまざまなレモンサワーが呑めるお店をご紹介!
さらに、ネクストブームの予感はお茶割り!
専門店も登場しバリエーション豊富なお茶割りが揃っています。
そしてもうひとつ、ハイボール!
すっかり定着したハイボールも実はとっても奥深いんです。
この夏は、注目のお酒を目当てに酒場を訪れてみませんか?
販売価格: 950円
在庫: 在庫あり
おいしい池袋200
東京を代表するターミナル駅として、
また、埼玉方面からの玄関口として多くの人が行き交う池袋。
飲食店の数もとても多く、いざお店探し、となるとなかなか決められない。
なんて経験をする方も多いのではないでしょうか?
本誌ではそんな数ある中から、本当においしいお店200軒を厳選セレクトでご紹介!
注目のニューオープンから、定番のラーメン、中華、酒場などはもちろん、
ランチにおすすめのお店までをわかりやすく紹介しています。
ぜひ保存版としてご活用ください!
販売価格: 950円
在庫: 在庫あり
横浜の町中華
ようこそ! 横浜のディープな町中華の世界へ

中華の激戦区・横浜。
誰もが憧れる有名店が立ち並び、観光客で賑わう街だ。

しかしその一方で、横浜には知る人ぞ知る名店もたくさんある。
長きにわたって愛され続ける、ジモトのための町中華だ。
何だか懐かしい店の雰囲気、変わらず迎えてくれる笑顔、いつも通りのほっとする味。
ハマっ子が誇るうまくてディープな町中華を食べよう。
販売価格: 950円
在庫: 在庫あり
東京老舗名店案内
東京には40年〜100年以上の歴史を刻む、
「老舗名店」と呼ばれる店が数多くあります。
うなぎや蕎麦、鮨や天ぷら、日本料理……。
江戸の伝統の味を守り、今もなお人々に愛され続けていることこそが、
本当に美味しい店の証明でもあります。
本誌ではそんな美味しい老舗名店を130軒ご紹介。
昔ながらの味と心意気を受け継ぐ老舗名店へ、ぜひ美味を味わいに。
販売価格: 950円
在庫: 在庫あり
1泊2日のひとり旅 首都圏版
ひとりで旅するのにぴったりな、
首都圏から1泊2日で行ける13のエリアをガイド!

カメラ片手に気が向くままに街歩き、歩き疲れたら甘いものでひと休み
誰にも気兼ねせず、好きなコトをとことん追求するもよし
絶景リゾートや温泉宿で、ゆったりステイするもよし

ひとりだからできる、自分らしい旅へ出かけよう

巻末には、お得なおひとり様インフォメーション&
ひとり様ウェルカムの宿カタログつき
販売価格: 950円
在庫: 在庫あり
東京食本vol.5
旬の「食」と「街」を楽しむ首都圏版グルメガイド、第5弾です!
【特集1】は、「神保町・御茶ノ水・神田」を大特集。
日本一の古書店街である神保町、学生で賑わう御茶ノ水、江戸情緒が漂う神田。
下町人情と文化の香りが交差するこのエリアは、実は都内屈指のグルメタウンでもあり、
老舗からニューフェイスまで、多彩なジャンルの実力店が軒を連ねます。
文人たちが愛した老舗グルメ、話題の古民家リノベーション酒場、気鋭のカレーの店、
クラフトビールの新名店など、おすすめグルメ店をご紹介します!
【特集2】は「東京餃子名店案内」。達人おすすめの新店から、
定番の焼き餃子、水餃子、羽根付き餃子まで、餃子のおいしい店へご案内します。
販売価格: 950円
在庫: 在庫あり
将棋ぴあ
藤井聡太六段 新たな伝説のスタート

※本誌は2017年9月に発刊した
「将棋ワンダーランド」の内容を最新情報に
修正した改訂版になります。
※表紙ならびに本誌で紹介している棋士の段位、タイトル、成績などは
基本的に2018年2月23日現在のものです。
本誌発売後に昇段、タイトルホルダーが変更になる場合がございます。
販売価格: 950円
在庫: 在庫あり
落語ぴあ
保存版!落語道楽の事始めはこの一冊から!

※本誌はぴあMOOK「落語ワンダーランド」(2017年4月発売)
の内容を再編集したハンディサイズ版で、掲載記事は同誌と
ほぼ同じです。
2017年1〜3月の取材時の情報を再確認して作られています。
販売価格: 950円
在庫: 完売しました
うまいぞ!町の寿司屋 首都圏版
日本人の大好きな食べ物のひとつ、「寿司」。
でも何だか敷居も高いし高級そうだし…なんて躊躇している人にお届けする、
カジュアルに楽しめる“町のお寿司屋さん”をまとめた一冊です。
手頃でうまい、は当たり前。
もっと寿司を楽しもう!
販売価格: 950円
在庫: 在庫あり
東京老舗の蕎麦名店
昔ながらの、老舗の蕎麦屋。
創業以来、長きにわたり愛され続けるその味には、理由がある。
今も昔も変わらず貫き通しているこだわり。時代の流れに合わせて試みる新たな挑戦。
創業者の思いを受け継ぎ、よりうまい蕎麦を追求する職人の魂が込められている。
本誌では、100年以上の歴史を誇る店から、今注目されている未来の老舗名店までをご紹介。
歴史が誇る、伝統の一杯を愉しもう。
販売価格: 950円
在庫: 在庫あり
小田原食本
小田原にお住まいの皆様!お待たせしました!
小田原食本が約3年ぶりにパワーアップして戻ってきました!
今回は特集が大充実!
SNS映えする自慢のグルメ、漁港の町・小田原ならではの海鮮料理や小田原おでんの特集も!
さらに、手みやげ特集や酒場特集もあります!
食本で人気の、ランチ、カフェ、ディナーの時間帯別お店紹介も健在!
町の愛され食堂や魅惑の肉料理など、
様々なキーワードでお店が探せます。
地元で人気の全160軒!
是非、保存版としてご活用ください。
販売価格: 950円
在庫: 在庫あり
懐かしの昭和グルメ 首都圏版
高級料理というわけではないけれど
不思議と無性に愛しく思える昔ながらの、あの味。
お店のおばちゃんや大将がいつも笑顔で迎えてくれる、あの店。
そんなお店で食べられる料理を“昭和グルメ”と名づけました。
もちろんそこには、昭和という時代を経てきた老舗も、
昭和創業の酒場も、いろいろあります。
雰囲気もまるごと一緒に味わえる懐かしのお店で、
たまにはゆっくりしてみませんか?
販売価格: 950円
在庫: 在庫あり
美術展ぴあ2018秋冬
大好評の「美術展ぴあ」、2018年秋冬〜2019年春版です!
2018年後半からは西洋美術展が百花繚乱! 
史上最大級のフェルメール展をはじめ、バロックの巨匠ルーベンス、
「叫び」で知られるムンクなど、西洋絵画の巨匠たちの展覧会が相次いで開催!
“エコール・ド・パリの寵児”藤田嗣治や、“日本かぶれのナビ”ボナールの回顧展も見逃せません。
本誌では2018年に開催される美術展から、編集部が特に注目する5展を大特集!
さらに「西洋美術」「日本美術・東洋美術」「現代アート」のテーマ別におすすめ展覧会をご紹介します。
全国の主要な53美術館の1年間の展覧会予定がわかる「美術館スケジュール」や、
切り取っても使える特別付録「美術展カレンダー」で展覧会めぐりの予定を立てましょう!
販売価格: 950円
在庫: 品切中