人の前に出る仕事の人へ。 加藤昌史

商品名 人の前に出る仕事の人へ。 加藤昌史
商品コード 9784835628592
発売日 2015/12/05
販売価格 1,300円
在庫 在庫あり


演劇集団キャラメルボックスの製作総指揮として、30年間舞台と観客を繋ぐために人の前に立ち続けてきた“コミュニケーションのプロフェッショナル”が語る、人に思いを伝え、人と気持ちを通わせるヒント。“コミュニケーション”に翻弄されるあなたの心の視界をカラッと開く、今すぐ始める行動アイディア75。
___________________________________________
加藤/昌史
1985年、早稲田大学教育学部を6年で中退して学生劇団仲間と演劇集団キャラメルボックスを結成。以来、プロデューサーとして公演企画から運営までを手がけ続ける。開演前に舞台で観劇マナーについて楽しく伝える「前説」を概算で4000ステージ以上をこなしてきた「しゃべりのプロ」でもある。1961年10月25日、東京都調布市生まれ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
  • この商品について問い合わせ
  • お気に入りに追加
人気劇団《演劇集団キャラメルボックス》の製作総指揮・加藤昌史氏は、開演前にお客さんに向けて観劇マナーを楽しく易しく伝える「前説」を、30年間・4000ステージにも渡って積み重ねてきた、正真正銘の"コミュニケーションのプロフェッショナル"だ。
本書『人の前に出る仕事の人へ。』は、そんな加藤氏が、2015年1月から始めた同名タイトルのツィッター連載をベースとしたものである。連載は140文字という短いセンテンスで毎回綴られ、テーマは、コミュニケーション、人付き合い、そして自分との関わり方などが主である。
加藤氏の連載は、回を追うごとにコミュニケーション、人付き合いに悩む幅広い層から多くの共感を呼び、多くの話題を集め、連載は今も継続中、本数はすでに300本を超えている。
加藤氏が綴るメッセージは、やさしく、前向きで、ユーモラスではあるが、しかし時に厳しくもある。「たくさんの人と出会い、ふれあうなかで、たくさんの人を傷つけ、傷つけられ、たくさんの反省を繰り返し、今日まで何とか生きてきた」と語る加藤氏だからこそ、伝えることができる“人に思いを届け、人と気持ちを通わせる"ためのヒントが、本書にはぎゅっと詰めこまれている。 「言いたいことを、うまく伝えることができない」「人に対して、うまく心を開けない」「苦手な人のキライな点ばかりが目に付いてしまう」。
コミュニケーションや人付き合いに思い悩み、不安に包まれている人々は、日々増えている。
そんな人々にぜひとも届けたい一冊である。加藤氏のメッセージが、やさしくじんわりと心に届くはずだ。
【注意事項】
※決済方法:銀行・コンビニ振込にてご注文のお客様は必ず入金期日内にお振込みください。ご注文完了後にはご注文完了メールをご登録のメールアドレスに自動送信いたします。お振込先・入金詳細に関しましてはこちらのメール内にてご案内させていただきますので、 メール受信設定にはご注意ください。