ぼくの道

商品名 ぼくの道
商品コード 9784835628868A
発売日 2016/06/11
販売価格 1,620円
在庫 在庫あり


人生何が起こるかわからない!
10年前にプロのサッカー選手となり、
28歳で初となる海外移籍に挑んだ太田宏介選手が
自身の言葉でこれまでの人生を振り返る!

著:太田宏介
表紙撮影:千葉格
©太田宏介/吉本興業2016
©PIA


++++++++++++++++++++++++++++++
※特典付きは完売しました。こちらの商品は特典なしです。

--------
【PROFILE】
太田宏介 Kosuke OTA
1987年7月23日、神奈川県横浜市生まれ、東京都町田市育ち。
5歳の時にサッカーを始め、小学校時代はつくし野SSS、
中学時代はFC町田でプレーした。
2003年、渕野辺高校(現麻布大学附属高等学校)に進学し、
2、3年次に全国高等学校サッカー選手権大会に出場。
2006年に横浜FCへ加入し、同年のJ2リーグ第20節対モンテディオ山形で
プロデビューを果たした。
2009年に清水エスパルス、2012年にFC東京へ完全移籍。
2014、2015年と2年連続でJリーグベストイレブンに輝いた。
2015年12月、オランダ1部・フィテッセと4年半の契約を結ぶ。
代表では、2007年にFIFA U—20W杯カナダ大会に出場。
2010年にA代表に初招集され、1月のAFCアジアカップ・イエメン戦で
先発フル出場し、国際Aマッチデビューを果たした。
よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属。

  • この商品について問い合わせ
  • お気に入りに追加
サッカー選手でSBV フィテッセ・アーネム(オランダ)に所属する太田宏介選手が、
自身の言葉で怒涛の人生を振り返った初の自伝『ぼくの道』。

10年前、プロのサッカー選手になるという幼い頃からの夢を叶え、
横浜FC、清水エスパルス、FC東京と3チームで活躍したのち、
今年1月にフィテッセへ移籍した太田選手。

親の離婚、自身の怪我、日本代表選出、移籍の話――
今に至るまでに起こったさまざまな出来事を振り返るほか、
影響を受けた人物や家族の話、28歳で初の海外移籍に
挑んだ今の心境など、彼自身の言葉で語られた1冊に仕上がっている。

特別企画として、都並敏史氏、三浦淳寛氏、小野伸二選手、
森重真人選手、武藤嘉紀選手らが語る“太田宏介の魅力”も収録!
【注意事項】
※決済方法:銀行・コンビニ振込にてご注文のお客様は必ず入金期日内にお振込みください。ご注文完了後にはご注文完了メールをご登録のメールアドレスに自動送信いたします。お振込先・入金詳細に関しましてはこちらのメール内にてご案内させていただきますので、 メール受信設定にはご注意ください。
※クーポン・読者プレゼント等の目的でのご購入の場合、締め切り・期限に間に合わない可能性がございます。予めご了承下さい。