正論 〜人には守るべき真っ当なルールがある〜 著者:梅沢富美男

商品名 正論 〜人には守るべき真っ当なルールがある〜 著者:梅沢富美男
商品コード 9784835638270
発売日 2017/07/06
販売価格 1,296円
在庫 在庫あり


その毒舌頑固オヤジ的なキャラクターが受け、いまやテレビのコメンテーター、バラエティタレントとして引っ張りだこの梅沢富美男。
 彼のテレビでの発言は、ともすれば、理不尽であり、古臭くもあり、過激なだけに聞こえなくはない。時はその発言をめぐってSNSでバッシングされることさえある。
 にもかかわらず、なぜ幅広い世代が支持されているのか。
 そこには、現代ではとうに忘れ去られたはずの“真っ当な正論”があるからだ。
 「親を大切に」「年上を敬え」「人生金じゃない」「努力なくて結果なし」「礼儀をわきまえろ」――いずれも正しく、そして久しく聞かれなかった言葉ばかりだ。

 そんな彼の人生哲学が詰まった一冊が刊行される。
 人を育てる/真っ当に生きる/一生懸命働く/家族を愛するなど、人が生きていく対目に大切なテーマのもとに、梅沢流の哲学が披露されていく。
 古臭く感じるかもしれない、理不尽にも読み取れる――しかし読み進めていくうちに、それは正しく、必要な教訓であることに感じ入ることになるだろう。読み終えたあと「古くて、実は新しい」、そんな思いにも駆られるはずだ
  • この商品について問い合わせ
  • お気に入りに追加
【もくじ(仮)】
各章各項目の例
正論 序 まずは、僕、梅沢富美男の話
〜梅沢富美男とは何者か? その生い立ち、役者人生。今日の梅沢富男がいかにして、つくられたかを、自らが綴る〜

正論 壱 若い世代を育てる
〜梅沢富美男流 組織のルール、人としての在り方、人の育て方、〜
「世間じゃ理屈なんぞ通用しねえんだ」
「不合理から学べ」
「見かけは心の表れ」
「叱るだけでは意味がない」
「社会に出たら、嫌な頭も下げなきゃならない」

正論 弐 仕事を極める
〜梅沢富美男流 労働の意義、プロの矜持〜
「いい職場で、いい給料で、楽しい仕事。そんなのがあったら俺に紹介してくれよ」
「年上の人と上手くやるには、年上の人を慕うんだよ。」
「仕事を続けるコツなんてねぇよ、一生懸命やるしかねぇんだよ」
「踊れと言われたら、みかん箱の上だって踊ってみせる」

正論 参 家庭を守る。子ども愛する。
〜梅沢富美男流 家庭円満の秘訣、子育て論、親としての在り方〜
「夫婦でお互いを尊重しあう」
「親を馬鹿にしちゃだめだ。人を馬鹿にしちゃだめだ」
「子供の前で夫婦は悪口もグチも言ってはいけない」
「家族の幸せにとって会話が一番大事」
「料理をすると人はやさしくなる」

正論 肆 人生を真っ当に歩む
〜梅沢富美男流 人生観、社会観、金銭観〜
「人に福を与えれば、いつかその福が 返ってくる」
「努力なくして、ツキはなし」
「儲けるばっかりが金じゃねぇんだ」
「夢を見ない奴に夢は追いかけれない」

正論 〆 日本人の心意気。義理と人情
〜日本人を日本人たらしめる「心意気」とはなにか。「義理と人情」とはなにか〜

※内容は変更の可能性があります。
【注意事項】

※こちらの商品は、発売日より順次発送となります。
  発売日には届かない可能性がございますので、予めご了承ください。


※決済方法:銀行・コンビニ振込にてご注文のお客様は必ず入金期日内にお振込みください。
ご注文完了後にはご注文完了メールをご登録のメールアドレスに自動送信いたします。
お振込先・入金詳細に関しましてはこちらのメール内にてご案内させていただきますので、 メール受信設定にはご注意ください。
※クーポン・読者プレゼント等の目的でのご購入の場合、締め切り・期限に間に合わない可能性がございます。予めご了承下さい。
※他の商品と合わせてお申込みの場合は、一緒に発送となります。